肌荒れの改善対策に美肌Navi

天然素材 化粧品

読了までの目安時間:約 3分

 

オーガニック化粧品とは、肥料や農薬などの化学合成成分を使用せずに栽培された有機素材でつくられた化粧品のことです。肌への刺激が少ないのが特徴で、素材そのものの効力から人間の物自然治癒力を高めつつ肌のケアをすることができます。

⑯ 天然素材 美容液
現在の化粧品市場ではたくさんの種類のものが市場で販売されています。無添加・自然派・天然由来といったようなさまざまなキャッチコピーで販売されています。
その中でも無添加や自然派、天然由来でもとてもオーガニックなイメージはあります。しかし、その中身は違ってオーガニック製品を選ぶ場合での注意点が必要です。
オーガニック製品とよく比較される無添加や自然派、天然由来としては、無添加化粧品でもその内容では、防腐剤や合成色素、石油系界面活性剤などの人工物が含まれていないものを示しています。自然派や天然由来化粧品でも、それは天然の素材を加工して生成しているものを示して、人工的な化学物質をほとんど配合していないものを示し、有機素材の成分が含まれた化粧品のことを示しています。つまり天然成分が含まれた化粧品という意味があります。
また、無添加や天然由来と聞くと化学合成物質がひとつも含まれていないイメージがあります。しかし、実際には化学合成成分が含まれていてそのため絶対的に「お肌に優しい」というわけでもなく、化学合成成分をなるべく抑えた化粧品という意味があります。
また、オーガニック化粧品でも誰にでも安心して使うことができると言い切ることはできないです。たとえば、大豆を使ったオーガニック化粧品でも、大豆アレルギーの方にはおすすめできないものでもあります。それはアレルギーの方でも大豆アレルギーは大豆の成分を配合した化粧品の場合、アレルギー反応が出る場合があるからです。オーガニック製品でも天然素材と肌の相性が悪いと肌トラブルにつながってしまいます。だからこそ自分の体質や肌に合ったものをしっかりと
選ぶことが必要なのです。
もしも、オーガニック化粧品でも肌に合わない場合があれば、オーダーメードの化粧品を購入するといった選択肢もあります。オーダーメードの化粧品は市販のものよりも高値というイメージはありますが、ユーザーの肌質に合わせて選ぶことができて、安心して使うことができます。とくに肌でも敏感肌質の方や症状的に重たい方のアレルギーには、危険な成分を配合せずに調合してもらえるとあって、安心して使用できる感じです。

芸能人は肌荒れのお手入れにはとても敏感になってしまうのでは

読了までの目安時間:約 3分

 

芸能人の人たちは中にはニキビや肌の乾燥で肌の荒れが目だってしまう人もいるようです。しかし、テレビ映りのことを考えてしまうので、やはり肌のお手入れにはとても敏感になってしまうのではないでしょうか?
芸能人の人たちでも毛穴のお手入れには気を使う人が多いのではないでしょうか?顔の中でもとくに頬と鼻の部分に毛穴が開きやすいところがある。それは体の中でも顔が一番皮脂の分泌としても多いためで、次には背中の部分がケアが必要なところでもあるということです。

肌あれ芸能人7
皮脂は皮脂腺から分泌されていて、毛穴というのは身体を乾燥から守ために存在しているといってもいいくらいなんです。でも、どうしても美肌のためには目立たないほうが肌はきれいに見えてきます。
芸能人の美肌ということではエステやレーザー照射などを考えてみますが、芸能人の人たちに人気のあるのは毛穴の縮小のフラクセルというものです。美容整形外科などでやっている照射でニキビの赤みや鼻の毛穴縮小はレーザーの照射で行うのみで、整形といってもメスは使わずにすむものなんですね。一日で実感できるとあって効果をすぐに感じたい人にはおすすめの美容法かもしれないです。こちらはニキビ跡や毛穴に悩んでいる人におすすめみたいです
芸能人といっても肌の手入れを抜いてしまっては、テレビに出る前のメイクでも毛穴や肌荒れ、ニキビ、鼻の黒ずみなどなかなか隠そうと思っても隠しきれないことが多いみたいなんですよ。毛穴やニキビ跡などに悩んでいたら、レーザー照射をすることがおすすめで、芸能人の肌でも化粧品や洗顔などでなかなかきれいになれるものでもなさそうです
芸能人に肌荒れが少ないというのは、それは芸能人は肌の手入れにもとても気を使う人たちが多いからですね。また、荒れた肌を隠そうとメイクだけに頼るのではなく、毛穴でも根本から問題を解決していく方が美肌への近道だといわれています。できればすっぴん美人を目指したほうがメイクもうまくのってくれるし、肌がきれいであるとお化粧も厚塗りする必要もないということでしょう。
また、芸能人でなくても毛穴の開きに悩んでいる人は多いです。毛穴から出る皮脂が空気中のホコリや化学物質などの外的刺激から守る役割をしているので、ほんとうは毛穴は人間の体には必要なものなのですね。でも、毛穴の黒ずみなどはどちらかというと美容の敵ですので、毛穴を閉じて肌をきれいにするには、正しい毛穴ケアを行うことが大切です。
まず、整形外科に行ってレーザー照射をする前に、朝と夜の手入れも怠らないようにすることが必要だということですね。毛穴に詰まった汚れや角質などをきれいに落としてくれる毛穴洗顔剤を選ぶことも大切なのです

天然素材 美容

読了までの目安時間:約 3分

 

むかしから自然が豊富で古くから薬草やハーブ類が人々に親しまれている東南アジア。天然素材の美容アイテムでも充実していて、リーズナブルな価格でも手に入れられます。

 

⑮天然素材 美容液
世界中のホテルでも愛用される上質なブランドや、おしゃれなパッケージなど女性には気になる商品も多いです。無添加製品でも世界中のホテルやスパで使われている高級感あふれるマレーシア生まれの「TANAMERA」は自然に優しい無添加スパブランドです。女性が喜ぶ海外土産でもコスメやスパグッズはとても人気です。使い心地や香りなどもよい石鹸やオイルなどは女性には喜ばれます。ジャングルの恵みをそのままに、独自の製法で作られた製品が「TANAMERA」です。
クアラルンプールではセントラルマーケット内に直営店があります。マレーシア土産の定番アイテムとしてガイドブックにも多数掲載されています。
また、上質なハーブを贅沢使用したメディカルハーバルスキンケアの「Abhaibhubate」はタイの製品です。タイ料理などにはハーブがふんだんに使われるイメージがありますが、ハーブはタイの生活には欠かせないもの。タイの王国病院が商品開発した、アバイブーベ・サムンプライシリーズのものです。原料となるハーブは栽培から収穫まで徹底した品質管理を行っているもので、工場では指紋認証など安全のための電子レベルの分析を取り入れています。日本ではマンゴスチン石鹸が話題になったり、シャンプー・リンスなども非常にリーズナブルな価格で手に入ります。きれいな紫色をしていても自然の色合いなので無着色なのです。花はハーブとしても飲用されて美しい髪を維持することに役立ちます。また、白髪や抜け毛なども予防します。ほかにもマンゴスチンのハンドソープなどがあってハンドタイプで使いやすく財布にも嬉しいのがおすすめです。
最近は完全無添加のナチュラルソープなどやオーガニックハーブと天然塩のバスソルトなどがとても人気です。これには、カンボジア産の国産有機ハーブを使用した「Kru khmer」クルクメールと呼ばれる伝統医療から発祥した薬草があります。
フィリピンのミツバチファームのスローコスメ「llog Maria honeybee Farm」はマニラ中心部から少し離れているところにあります。マニラから車で1時間半ほど行ったところにあって、避暑地としても人気のタガイタイは、イロッグマリア養蜂場があります。草原に置かれたミツバチの飼育箱にはたくさんのミツバチが飼われています。リップバーム・石鹸・シャンプーなどどれも小ぶりで見た目も可愛いです。値段的にも50ペソ~200ペソくらいまでお手頃価格といえます。

肌荒れの原因

読了までの目安時間:約 3分

 

肌荒れの原因としては、日常の中にも気づかないようなことがさまざまとあります。それは食事であったり、睡眠やお風呂の入りかたや夜のスキンケアなどでも原因があります。
肌荒れは美容的な面でもとても毎日気になります。一刻も早く改善したいですが、肌荒れは過剰なスキンケアが原因になっている場合もあります。ピンチを救うのは美容成分を考えた毎日の食事を整えることです。なぜなら肌荒れは身体の不調の現れで食生活の見直しもとても大切になってくるからです。毎日の食事の中でも美肌成分を取り入れることがとても大切なことで、内側から肌を美しくすることも必要なことです。

⑱肌荒れ 原因
たとえばニキビが気になるようであえば、ビタミンCを摂取して肌を改善することが必要です。ビタミンCは皮脂の過剰な分泌を押さえるので、毛穴の詰まりの原因も予防してくれます。抗炎症作用によっては、ニキビによる炎症をしずめてくれます。さらにコラーゲンの生成促進や色素沈着の原因のメラニンの還元によってニキビ跡まで気にならなくなります。
食事ではビタミンCを多く含む、野菜や果物でも赤ピーマンやアセロラ、パセリ、レモン、ピーマン、イチゴ、ブロッコリーなどを取り入れることが必要です。
吹き出物ができやすい肌質には、ビタミンB群が効果的に作用します。ビタミンB群が不足してしまうと皮脂が過剰に分泌されてきます。そのため、肌荒れを起こしやすくなってきますので、ビタミンB2とBをを積極的に摂取してください。肌荒れを放置しておくと治りにくい肌になり、慢性化してしまう恐れもあります。
ビタミンB2を多く含む食品としては、豚レバーや焼きのり、ワカメしじみ、納豆などで、ビタミンB6を多く含むものには豚などのレバーやもも肉、マグロ、かつお、ぎんなん、にんにく、バナナなどに多く含まれています。
また、乾燥による肌荒れなどには、ビタミンAを摂取することをおすすめします。乾燥は肌荒れの原因にもなってかゆみやかさつきなど肌に悪いことばかりです。ニキビやシワ、たるみなどの老化現象を引き起こしてしまうことにならないように肌の乾燥をしっかりと防ぐようにします。
ビタミンAは肌の生まれ変わりを促進します。健康的な肌へと導いてターンオーバーを正常に保つことができます。ビタミンAを多く含む食品として、鶏レバーやうなぎ、しそ、ニンジン、パセリ、カボチャ、ホウレンソウなどがあります。
もし、肌荒れを引き起こしてしまった場合には、スキンケアの見直しも必要です。肌に大きな影響を与えている食事のことも見直すことを忘れないようにします。肌トラブルの原因となる脂っぽいものや甘い食品、ファーストフードなどは避けるようにします。食生活を改善して健康な肌づくりを目指すことができるようになります。

肌荒れと体調

読了までの目安時間:約 4分

 

このごろ、風邪を引きやすいとか、体調を壊しやすいといったことが多いのであれば、それは腸が老化しているせいでもあるかもしれないです。ほかにも、肌荒れやイライラなどに悩まされていることが多くなったとか・・。
腸が老化してくるとなぜさまざまな不調が現れてくるのでしょうか?

⑲隊長と敏感肌
体の中でも腸が老化してくると大変なことになりかねません。それは腸の中でも悪玉菌が活発になり、腸内細菌のバランスが悪くなってくるからです。腸内で増えた有害物質が血流によって全身に運ばれてしまいます。そのため各臓器や肌もダメージを受けてしまうというような症状が出てしまいます。
ホルモンの中でも精神を安定させるセロトニンというホルモンは全身の免疫細胞の約6割を腸粘膜に集結しています。腸が老化することで免疫力のダウンから病気やアレルギーにかかりやすくなります。精神的な安定にも影響してきますので、イライラやくよくよしやすくなってきます。
腸が老化すると体から出てくるサインというのがあります。それは便秘がちだったり、風邪を引きやすいといったことなどです。

・便秘がち
・便の量が少ない
・便の臭いが強い
・風邪を引きやすい
・肌が荒れやすい
・花粉症
・イライラ
・ストレスを感じる
・寝つきが悪い

以上のような症状が多くなります。

腸を若返らせるには、腸の若返りのための生活習慣というものがあります。
それには
・朝、コップ1杯の水を飲む習慣から便意を促す
・3食バランスよく食べる。大豆、野菜、芋類、果物など便意を促す食品を摂る。納豆類やぬけ漬け、醤油などの発酵食品を食べる。
・自律神経のバランスが乱れることで、腸の働きが悪くなります。休養をとってストレスをため込まないようにします。

肌のためにも元気な体と美しい肌をキープすることができます。スキンケアで効果を感じない方は腸のケアをしてみることも大切です。

体調の悩みではよく睡眠不足を感じる人も多いです。夜更かしは集中力や判断力の低下につながるし、睡眠不足が慢性化することで、体調不良や肌荒れを招きます。そのまま放置しておくことで、精神的な不安や肥満にもつながります。多くの方は「寝れる時間に寝るつもり」といったような程度の認識しかもっていないようです。睡眠不足がもたらす心身への影響は大きいものがあるかもしれません。
睡眠不足が起きることで肌へのコンディションへも影響があります。それは、成長ホルモンにも関係していて分泌量などが減少してしまうことがあります。成長ホルモンは代謝を活発にしたり、肌の細胞を修復させたり大切な役割を担っています。とくに多く分泌される時間が「ノンレム睡眠」と呼ばれ深い睡眠をとっているときです。夜更かしなどで睡眠のリズムが崩れると成長ホルモンの分泌が減る場合もあります。睡眠不足が続くことで免疫力の低下から風邪を引きやすくなって高血圧や肥満につながる場合もあります。ほかにも心臓病や脳卒中、不整脈など心身に及ぼす影響は深刻なものがあります。

肌荒れとストレス

読了までの目安時間:約 4分

 

ストレスは肌にも影響を与えます。肌荒れだけではなく万病のもととなってしまう場合もあります。原因と解決法にはどのようなことがあるでしょうか?

⑳ストレスと肌荒れ

 

ストレスを感じることで、精神や肉体には何らかの症状が引き起こされます。ストレスがかかっている状態としては交感神経が優位に働くからです。血圧の上昇やアドレナリンの分泌などにも影響を及ぼしています。この働きは身体を守るために必要なことで、長期間ストレスを受け続けることで病気の原因となってしまいます。肌への影響も多く、肌のサイクルが乱れることでストレスから肌荒れを起こすことも多いです。肌荒れが起きてくるしくみとしては、交感神経のバランスが崩れることで、さまざまな内臓の機能が低下することが原因です。代謝に必要な循環器系やリンパなどの機能が衰えることで、老廃物が蓄積してくるのが原因です。その結果、肌のターンオーバーが乱れ、角質がたまり、ゴワゴワしたり、逆に代謝が早すぎることで敏感肌にもなってしまいます。交感神経が血管を収縮させるので、肌への血流が滞ります。血流が滞ることで酸素や栄養がきちんと届けられない状態になります
ストレス性の肌荒れは食べ物で改善できます。ストレスで肌荒れが起きていると気がついたら、ストレスに対応できる栄養補給を心がけるようにしましょう。ストレスはビタミンCの消費量を多くするために、肌の抗酸化作用が落ちたり、コラーゲンの生成が促されません。肌荒れが見られたら意識して多めのビタミンCを補給するようにします。しかし、ストレスを解消する場合には甘いもので解消してしまう場合も多いです。血糖値の上昇は下降も招くことで、低血糖になった場合イライラや気分の落ち込みなど精神症状も引き起こす場合があります。甘いものに頼ることで依存性も高まり、ストレスに対応できない食生活に陥る可能性もあります。
ストレスによって自律神経のバランスが乱れたら、生活習慣を改善してみることが必要です。たとえば、朝日を浴びることで夜ぐっすりと寝るためのメラトニンが分泌してきます。夜型の生活は自律神経を乱す原因となります。朝早く起きることで夜は自然と眠くなってきます。これを続けることで自律神経が本来の働きに戻ります。
簡単なストレス改善の方法として、深呼吸をして副交感神経を刺激するようにします。副交感神経は息を吐くことに集中するとリラックスした状態になれます。
交感神経が働いている人は血管が冷えて収縮している状態にあります。入浴して体を温めることで副交感神経へのスイッチが切り替わります。ストレスがある場合にはそれをうまく解消するための行動が必要です。「それ」とは一日の中で何かひとつ楽しい時間をつくることが大切だということです。趣味でもいいし、美容に時間をかけてみるのもいいでしょう。「自分のための時間」それが必要なことだからです。リラックスは自律神経を整えることにつながってストレス改善にも役立ちます。

オイリー肌の化粧水について

読了までの目安時間:約 3分

 

オイリー肌の方のスキンケアには大切なポイントがあります。日頃から「全体的に肌がべたつ感じがある」と思っている方では、全体的に過剰な皮脂が出やすくなっています。脂性肌を整えるためには肌に合わせたスキンケアのポイントがあります。
まず、オイリー肌をいわれている肌質とはいったいどのようなものかというと、それは顔全体でもテカリやすく、べたつきやすい特徴があります。皮脂腺の働きでも活発すぎるようになっているので、皮脂が過剰に分泌されてニキビなどさまざまな肌トラブルにつながりやすくなっています。

⑫オイリー肌化粧水

オイリー肌の原因となるものには4つの原因があります。

遺伝的なもの
②年齢によるもの(10代~20代前半の方)
男性ホルモンによるもの(皮脂量が増える)
④生活環境(ストレス・睡眠など)

また、オイリー肌はスキンケアだけでは改善が難しい部分もあります。しかし、スキンケアだけでも手入れ方法では限りなく普通肌に近付くことができ、顔のテカリや肌トラブルなどを防げます。
顔がべたつきやすい原因にはいったいどのようなものがあるでしょうか?
まず脂性肌の肌状態として、脂性肌は皮脂腺がとても活発に活動している特徴があります。通常、皮脂は肌の表面で汗と混ざり皮脂膜となって紫外線やほこりなどから肌を守る働きをしています。しかし、あまりにも過剰に分泌されることで、毛穴につまりニキビなどの肌トラブルを起こしてしまいます。このため、過剰な皮脂の脂分を取り除く必要があります。
脂性肌が引き起こす肌トラブルとしては、

①毛穴の開き
②毛穴の詰まり
③炎症性ニキビ
などがあります。

毛穴の開きは過剰な皮脂分泌が原因で、皮脂腺が発達して皮脂の出入り口も大きく開いている状態です。そのため、毛穴が丸く開いて目立ってしまう状態です。
毛穴の詰まりは「毛穴から分泌される皮脂」と「古い角質」が混ざりあっている状態です。角栓と呼ばれているものです。角栓は7割がたんぱく質、3割が皮脂でできています。鼻の周りや頬や口にも出来る場合があります。
ニキビは毛穴の中に皮脂が詰まることでアクネ菌が発生してきます。脂性肌の場合、過剰な皮脂が毛穴に詰まることでニキビもできやすくなります。
脂性肌を普通肌に近づけるためには、「過剰な脂分を取り除くケア」を行うことです。保湿の場合、適度な水分と脂分を与えるケアが必要ですが、脂性肌の場合には過剰な脂分を減らし、水分量を引き上げることで、水分と脂分とのバランスを整えることが必要です。
脂性肌質の方には、化粧品でも「ビタミンC誘導体」配合の化粧水がおすすめです。「ビタミンC誘導体」は抗酸化力が強く、過剰な皮脂分泌を抑制します。ニキビの炎症などを抑えてニキビ跡などの赤みにも有効です。

美 GENE(ビジーン)

読了までの目安時間:約 3分

 

⑭ 美GENE自分に合った化粧品というのは、あるようでなかなか難しい点が多いものです。しかし、最近では遺伝子検査で自分に合った化粧品を探してみることのできるものがあります。「美GENE」は化粧水でも遺伝子検査をして化粧水を選ぶことができます。日本ではまだ馴染みの少ないこのシステムも、海外ではすでに定着しつつあるようです。
肌に興味のある方はすでに試しているかもしれませんよね。しかし、一方的に選ぶことがよいのでもなく、化粧水でもメリットやデメリットがあります。
「美GENE」は公式サイトから化粧水のモニター購入として申し込みをすることができます。4日後には遺伝子検査キットも届いて検査方法もいたって簡単です。
検査方法としてもキットの中に入っている、長い綿棒のようなもので、ほっぺたの裏側をぐるりと擦り、付属の袋に入れておくるだけです。遺伝子検査というと相当難しいようなイメージもありますが、検査方法としてはこのようなものです。
そして、それをポストに投函すると2週間後には化粧水が届きます。
箱には化粧水・手紙・検査結果・使い方の4点が入っています。ほかに化粧水の使い方とかの説明の冊子も入ってはいません
また、化粧水にしても遺伝子検査の結果からオーダーということだったのですが、実際には何種類かの肌質や化粧品に分けて分けているというです。肌の性質によって数十種類の中から選んでくれるシステムであるということです。オーダーメードではなくセミオーダーメードといったところでしょう。
美GENEはパラベン・フェノキシエタノールなど肌に負担となるような防腐剤を使用していないのです。また、成分としてナールスゲンといった皮膚の伸縮性に欠かせないエラスチンを1.5倍に増やすことで、肌のコラーゲンを2~3倍に増やすというようなすごい成分も含まれています。ナールスゲンの配合されている化粧品はまだまだ少ないということもありますが、もうひとつ人気の美容成分「フラーレン」も配合されています。遺伝子検査と検査結果から選ばれる1ヵ月分の化粧水21,800が円が今なら500円で試せるのは嬉しいですね。

敏感肌の化粧水について

読了までの目安時間:約 3分

 

敏感肌とはどのような肌のことなのでしょうか?それは、角層が荒れた肌のことで、ストレスや体調、外部の刺激などによって各層のバリア機能が弱まっている状態の肌のことです。肌が本来の機能を果たせなくなっている状態を示します。
具体的にはさまざまな症状として肌に現れてやすくなってきます。

 

⑬敏感肌化粧水

①人間関係や仕事などでニキビなどができやすい
②月経前は肌の調子が悪い
③季節の変わり目には肌が荒れる
④髪の毛や洋服に肌が触れるだけでもかゆみが出る
➄化粧品を変えると肌にしみたり、赤くなってしまう

一度敏感肌になってしまうとなかなか敏感肌から抜け出せない状態になってしまいます。表皮が傷ついてしまうことで、各層の代謝が必要以上に進み、未熟な各層になってしまうことです。本来あるはずのバリア機能も衰えて、外部刺激を受けやすい状態にあります。

敏感肌を安定した肌の状態にするには、過度な各層の代謝で未熟なまま表皮に出てきている各層の上にバリアクリームと塗布することが必要です。それにより各層が果たす役目を補います。また、未熟な各層を外部刺激から守っている間に各層のサイクルも正常に戻ってきます。自然とバリア機能を持った各層に成長することで、元気な肌を取り戻すことが可能です。
敏感肌の方の化粧水選びでも、新しい化粧水を使ってみたら赤くなったり、腫れたりということがまれにあります。肌が赤くなるのは、炎症作用で毛細血管が拡張するのが原因です。化粧品を使ってみて異常を感じることがあれば、化粧品を使うことを中止して応急措置として水で冷やしたタオルなどで肌を冷やします。皮膚科を受診することが必要で、その場合使用した化粧品などを持参するようにします。
特定の化粧品を使うと皮膚炎が起こるというような場合は、使った化粧品に含まれる成分にアレルギーを起こしている可能性もあります。使用後すぐに症状が出る場合と、複数回使用したタイミングで出る場合があります。
敏感肌に刺激を与える成分としては、化粧品を長持ちさせる保存料や防腐剤などがあります。化粧品は製造時には無菌状態でも使っていくうちにも、空気中や手についた雑菌が混入する場合があります。それを防ぐために使われるものが保存料や防腐剤です。代表的なものとしてメチル・プロピル・ブチル・エチルパラベン・フェノキシエタノールなどで、皮膚炎やアレルギー反応を引き起こす場合があります。また、有毒なホルムアルデヒドを発散するものもあってそれには、ジアゾリジニル尿素やイミダゾリジニル尿素などがあります。

 マスク 肌荒れ改善 

読了までの目安時間:約 3分

 

肌荒れでもマスクが肌に現す肌荒れの影響があります。季節の変わり目や花粉の時期などにはマスクは必需品ともいえます。しかし、マスクを着用することで肌荒れが起きてしまう場合もあります。マスクを着用すると肌荒れが起きてしまう原因として、「摩擦によるもの」「アレルギー性」「蒸れ」などがあげられています。ゴム紐などの部分が肌に触れることで、肌が傷ついて荒れやすくなるということです。

歯科衛生士
また、マスクに使用されている素材そのものが肌に合わない場合があります。アレルギー性の肌荒れを起こす場合もあって、マスクを購入する場合には注意が必要です。
よく見落とされることが「蒸れ」による肌荒れが起きることです。湿気がこもるだけでは肌への影響は少ないと考える人は多いです。しかし、マスク着用時には自分の息で起こされるマスクの内側には、口内の細菌が含まれた状態になってしまっています。高温多湿の状況下ではどうしても雑菌が繁殖しやすい状態になるからです。それで、肌荒れを引き起こしてしまうこともあります。
マスクによる肌荒れを改善するためにはどのようにしたらいいのでしょうか?それは肌荒れ予防としてマスクにガーゼを使用することがおすすめです。マスクには不織布製とガーゼ製の2種類があります。一般的には不織布製のマスクがあります。不織布はガーゼに比べると布の折り方も煩雑になっている場合が多いです。摩擦による肌荒れを起こしやすく不織布で肌が荒れてしまう人は、ガーゼマスクに替えることがおすすめです。また、不織布でも中にガーゼの布を取り換えて使うことで中を清潔に保つことも可能です。マスクを使用する場合、毎日取り換えて使うことはもちろん、一時的にはずして使う場合も外からの雑菌がつかないように工夫することが必要です。
また、マスク着用後のスキンケアも大切です。洗顔時はぬるま湯を使い口周りを擦りすぎないように注意します。洗顔後は保湿クリームなどを使って肌を保湿しておくことが必要です。マスクは風邪のウイルスや花粉の侵入を防いでくれます。しかし、同時に肌荒れのリスクもあって普段からどのマスクを使用するのかをしっかりと選んでいく必要があります。
基本的にマスクを選ぶ場合、大き目で天然素材を使っているものがおすすめです。そうすることで肌荒れリスクを軽減できます。