肌荒れの改善対策に美肌Navi

 マスク 肌荒れ改善 

読了までの目安時間:約 3分

 

肌荒れでもマスクが肌に現す肌荒れの影響があります。季節の変わり目や花粉の時期などにはマスクは必需品ともいえます。しかし、マスクを着用することで肌荒れが起きてしまう場合もあります。マスクを着用すると肌荒れが起きてしまう原因として、「摩擦によるもの」「アレルギー性」「蒸れ」などがあげられています。ゴム紐などの部分が肌に触れることで、肌が傷ついて荒れやすくなるということです。

歯科衛生士
また、マスクに使用されている素材そのものが肌に合わない場合があります。アレルギー性の肌荒れを起こす場合もあって、マスクを購入する場合には注意が必要です。
よく見落とされることが「蒸れ」による肌荒れが起きることです。湿気がこもるだけでは肌への影響は少ないと考える人は多いです。しかし、マスク着用時には自分の息で起こされるマスクの内側には、口内の細菌が含まれた状態になってしまっています。高温多湿の状況下ではどうしても雑菌が繁殖しやすい状態になるからです。それで、肌荒れを引き起こしてしまうこともあります。
マスクによる肌荒れを改善するためにはどのようにしたらいいのでしょうか?それは肌荒れ予防としてマスクにガーゼを使用することがおすすめです。マスクには不織布製とガーゼ製の2種類があります。一般的には不織布製のマスクがあります。不織布はガーゼに比べると布の折り方も煩雑になっている場合が多いです。摩擦による肌荒れを起こしやすく不織布で肌が荒れてしまう人は、ガーゼマスクに替えることがおすすめです。また、不織布でも中にガーゼの布を取り換えて使うことで中を清潔に保つことも可能です。マスクを使用する場合、毎日取り換えて使うことはもちろん、一時的にはずして使う場合も外からの雑菌がつかないように工夫することが必要です。
また、マスク着用後のスキンケアも大切です。洗顔時はぬるま湯を使い口周りを擦りすぎないように注意します。洗顔後は保湿クリームなどを使って肌を保湿しておくことが必要です。マスクは風邪のウイルスや花粉の侵入を防いでくれます。しかし、同時に肌荒れのリスクもあって普段からどのマスクを使用するのかをしっかりと選んでいく必要があります。
基本的にマスクを選ぶ場合、大き目で天然素材を使っているものがおすすめです。そうすることで肌荒れリスクを軽減できます。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed