肌荒れの改善対策に美肌Navi

天然素材 化粧品

読了までの目安時間:約 3分

 

オーガニック化粧品とは、肥料や農薬などの化学合成成分を使用せずに栽培された有機素材でつくられた化粧品のことです。肌への刺激が少ないのが特徴で、素材そのものの効力から人間の物自然治癒力を高めつつ肌のケアをすることができます。

⑯ 天然素材 美容液
現在の化粧品市場ではたくさんの種類のものが市場で販売されています。無添加・自然派・天然由来といったようなさまざまなキャッチコピーで販売されています。
その中でも無添加や自然派、天然由来でもとてもオーガニックなイメージはあります。しかし、その中身は違ってオーガニック製品を選ぶ場合での注意点が必要です。
オーガニック製品とよく比較される無添加や自然派、天然由来としては、無添加化粧品でもその内容では、防腐剤や合成色素、石油系界面活性剤などの人工物が含まれていないものを示しています。自然派や天然由来化粧品でも、それは天然の素材を加工して生成しているものを示して、人工的な化学物質をほとんど配合していないものを示し、有機素材の成分が含まれた化粧品のことを示しています。つまり天然成分が含まれた化粧品という意味があります。
また、無添加や天然由来と聞くと化学合成物質がひとつも含まれていないイメージがあります。しかし、実際には化学合成成分が含まれていてそのため絶対的に「お肌に優しい」というわけでもなく、化学合成成分をなるべく抑えた化粧品という意味があります。
また、オーガニック化粧品でも誰にでも安心して使うことができると言い切ることはできないです。たとえば、大豆を使ったオーガニック化粧品でも、大豆アレルギーの方にはおすすめできないものでもあります。それはアレルギーの方でも大豆アレルギーは大豆の成分を配合した化粧品の場合、アレルギー反応が出る場合があるからです。オーガニック製品でも天然素材と肌の相性が悪いと肌トラブルにつながってしまいます。だからこそ自分の体質や肌に合ったものをしっかりと
選ぶことが必要なのです。
もしも、オーガニック化粧品でも肌に合わない場合があれば、オーダーメードの化粧品を購入するといった選択肢もあります。オーダーメードの化粧品は市販のものよりも高値というイメージはありますが、ユーザーの肌質に合わせて選ぶことができて、安心して使うことができます。とくに肌でも敏感肌質の方や症状的に重たい方のアレルギーには、危険な成分を配合せずに調合してもらえるとあって、安心して使用できる感じです。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed