肌荒れの改善対策に美肌Navi

肌荒れと体調

読了までの目安時間:約 4分

 

このごろ、風邪を引きやすいとか、体調を壊しやすいといったことが多いのであれば、それは腸が老化しているせいでもあるかもしれないです。ほかにも、肌荒れやイライラなどに悩まされていることが多くなったとか・・。
腸が老化してくるとなぜさまざまな不調が現れてくるのでしょうか?

⑲隊長と敏感肌
体の中でも腸が老化してくると大変なことになりかねません。それは腸の中でも悪玉菌が活発になり、腸内細菌のバランスが悪くなってくるからです。腸内で増えた有害物質が血流によって全身に運ばれてしまいます。そのため各臓器や肌もダメージを受けてしまうというような症状が出てしまいます。
ホルモンの中でも精神を安定させるセロトニンというホルモンは全身の免疫細胞の約6割を腸粘膜に集結しています。腸が老化することで免疫力のダウンから病気やアレルギーにかかりやすくなります。精神的な安定にも影響してきますので、イライラやくよくよしやすくなってきます。
腸が老化すると体から出てくるサインというのがあります。それは便秘がちだったり、風邪を引きやすいといったことなどです。

・便秘がち
・便の量が少ない
・便の臭いが強い
・風邪を引きやすい
・肌が荒れやすい
・花粉症
・イライラ
・ストレスを感じる
・寝つきが悪い

以上のような症状が多くなります。

腸を若返らせるには、腸の若返りのための生活習慣というものがあります。
それには
・朝、コップ1杯の水を飲む習慣から便意を促す
・3食バランスよく食べる。大豆、野菜、芋類、果物など便意を促す食品を摂る。納豆類やぬけ漬け、醤油などの発酵食品を食べる。
・自律神経のバランスが乱れることで、腸の働きが悪くなります。休養をとってストレスをため込まないようにします。

肌のためにも元気な体と美しい肌をキープすることができます。スキンケアで効果を感じない方は腸のケアをしてみることも大切です。

体調の悩みではよく睡眠不足を感じる人も多いです。夜更かしは集中力や判断力の低下につながるし、睡眠不足が慢性化することで、体調不良や肌荒れを招きます。そのまま放置しておくことで、精神的な不安や肥満にもつながります。多くの方は「寝れる時間に寝るつもり」といったような程度の認識しかもっていないようです。睡眠不足がもたらす心身への影響は大きいものがあるかもしれません。
睡眠不足が起きることで肌へのコンディションへも影響があります。それは、成長ホルモンにも関係していて分泌量などが減少してしまうことがあります。成長ホルモンは代謝を活発にしたり、肌の細胞を修復させたり大切な役割を担っています。とくに多く分泌される時間が「ノンレム睡眠」と呼ばれ深い睡眠をとっているときです。夜更かしなどで睡眠のリズムが崩れると成長ホルモンの分泌が減る場合もあります。睡眠不足が続くことで免疫力の低下から風邪を引きやすくなって高血圧や肥満につながる場合もあります。ほかにも心臓病や脳卒中、不整脈など心身に及ぼす影響は深刻なものがあります。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed