肌荒れの改善対策に美肌Navi

肌荒れの原因

読了までの目安時間:約 3分

 

肌荒れの原因としては、日常の中にも気づかないようなことがさまざまとあります。それは食事であったり、睡眠やお風呂の入りかたや夜のスキンケアなどでも原因があります。
肌荒れは美容的な面でもとても毎日気になります。一刻も早く改善したいですが、肌荒れは過剰なスキンケアが原因になっている場合もあります。ピンチを救うのは美容成分を考えた毎日の食事を整えることです。なぜなら肌荒れは身体の不調の現れで食生活の見直しもとても大切になってくるからです。毎日の食事の中でも美肌成分を取り入れることがとても大切なことで、内側から肌を美しくすることも必要なことです。

⑱肌荒れ 原因
たとえばニキビが気になるようであえば、ビタミンCを摂取して肌を改善することが必要です。ビタミンCは皮脂の過剰な分泌を押さえるので、毛穴の詰まりの原因も予防してくれます。抗炎症作用によっては、ニキビによる炎症をしずめてくれます。さらにコラーゲンの生成促進や色素沈着の原因のメラニンの還元によってニキビ跡まで気にならなくなります。
食事ではビタミンCを多く含む、野菜や果物でも赤ピーマンやアセロラ、パセリ、レモン、ピーマン、イチゴ、ブロッコリーなどを取り入れることが必要です。
吹き出物ができやすい肌質には、ビタミンB群が効果的に作用します。ビタミンB群が不足してしまうと皮脂が過剰に分泌されてきます。そのため、肌荒れを起こしやすくなってきますので、ビタミンB2とBをを積極的に摂取してください。肌荒れを放置しておくと治りにくい肌になり、慢性化してしまう恐れもあります。
ビタミンB2を多く含む食品としては、豚レバーや焼きのり、ワカメしじみ、納豆などで、ビタミンB6を多く含むものには豚などのレバーやもも肉、マグロ、かつお、ぎんなん、にんにく、バナナなどに多く含まれています。
また、乾燥による肌荒れなどには、ビタミンAを摂取することをおすすめします。乾燥は肌荒れの原因にもなってかゆみやかさつきなど肌に悪いことばかりです。ニキビやシワ、たるみなどの老化現象を引き起こしてしまうことにならないように肌の乾燥をしっかりと防ぐようにします。
ビタミンAは肌の生まれ変わりを促進します。健康的な肌へと導いてターンオーバーを正常に保つことができます。ビタミンAを多く含む食品として、鶏レバーやうなぎ、しそ、ニンジン、パセリ、カボチャ、ホウレンソウなどがあります。
もし、肌荒れを引き起こしてしまった場合には、スキンケアの見直しも必要です。肌に大きな影響を与えている食事のことも見直すことを忘れないようにします。肌トラブルの原因となる脂っぽいものや甘い食品、ファーストフードなどは避けるようにします。食生活を改善して健康な肌づくりを目指すことができるようになります。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed