肌荒れの改善対策に美肌Navi

女性は肌荒れは生理前になると(生理前の肌荒れ)

読了までの目安時間:約 3分

 

女性は肌荒れは生理前になると起きやすくなってくる方も多いです。生理前の肌荒れにはどのような対処法があるのでしょうか?生理前に肌荒れが多くなるのは、生理とホルモンバランの関係ということから考えることができます。女性ホルモンには卵巣ホルモンと黄体ホルモンの2種類があります。また、そのホルモンの分泌量は28日周期で変化するということも関係しています。

 

⑩肌荒れ生理前
生理が始める7日間前は、黄体ホルモンの分泌量がもっとも多くなります。それは「黄体期後期」と呼ばれています。その時期には黄体ホルモンの影響でお肌はオイリーになったり、吹き出物や紫外線のためにシミやソバカスなどもできやすくなります。体もむくみ、心の不安定になっている時期でもあります。
黄体ホルモンが多く分泌されることで、肌は皮脂が増加してきます。毛穴には皮脂が詰まりやすくなり、ニキビや肌荒れの原因となります。肌の改善のためには、生理前の肌はしっかりと洗顔して、肌の保湿ケアを十分に行うことが大切です。もし皮脂が気になることがあれば、脂とり紙などを使って肌の脂分を抑えるようにしましょう。この時期には、シミやソバカスなどもできやすいので、紫外線もしっかりと防止することを忘れないようにします。
生理前の肌トラブルを防ぐためには、生活を見直すこともとても必要です。それは食べ物や日常での注意点となります。
生理前の肌荒れは、ホルモンバランスを整えることで肌荒れを防ぐことができます。イソフラボンを摂ると女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをします。イソフラボンは豆乳や納豆、みそなどに多く含まれています。摂取量の目安としても一日70g~75㎎がよいとされています。
日常的な注意点としては、睡眠をしっかりと摂るということがあります。睡眠をしっかりととるか、とらないかでは肌の健康も大きく左右されます。肌の生まれ変わりといわれるターンオーバーが行われる22~2時が行われる時間帯はしっかりと睡眠を取る必要があります。ターンオーバーが正常に行われると肌のトラブルは起きにくくなってきます。
また、肌のためにはストレスをため込むこともよくありません。免疫力の低下からターンオーバーが正常に行われなくなるからです。そのため、皮脂の分泌量が増えて肌の水分や皮脂の分泌のバランスが悪くなってしまうからです。毛穴に皮脂が詰まることで、ニキビなどの原因となってしまいます。ストレスをうまく改善するためにはストレスがたまらないように工夫することが必要です。
肌荒れを改善するためには、軽い運動など汗を流して新陳代謝を促進することが必要です。肌荒れの原因の老廃物の排出にもつながって夜は睡眠もしっかりととれるようになってきます。気分もリフレッシュできてストレス改善にも役立ちます。

乾燥肌のスキンケアには

読了までの目安時間:約 4分

 

乾燥肌といえば最近では一年中悩む方も増えてきました。乾燥肌の原因と改善を考えてみたいと思います。体内の肌水分を逃さないためには、角質層などで保湿機能や真皮内での保湿機能をよくしてあげることが大切です。

⑪乾燥肌スキンケア
保湿では、コスメでもスキンケアとして抑えておきたいポイントがあります。それはセラミドやヒアルロン酸、トレハロース、などの糖類が水分を含んでいますので、表皮で保水してくれるのでとてもおすすめであるということです。尿酸やグリセリンなども保湿には有効でスキンケアのポイントとして抑えておきたいところです
化粧品でもバリア機能を高めるものも出てきましたが、こちらは水分を与えただけでは水分が蒸発して有効ではありません。したがってこの上からクリームなどの油分を補うことが大切です。乾燥肌を防ぐには、肌の保湿をしっかりと行うことが大切です。また、肌のメカニズムを知って、肌に有効な成分を補うことが一番効果的です。
乾燥肌に効果的なものは、日常のスキンケアで保湿成分が含まれている化粧品を使うことです。もし、それ以上の保湿が必要であれば美容液を使いしっかりと保湿できるものを選びましょう。乾燥肌の方向けの保湿美容液で徹底した保湿が可能です。
しかし、「自分は保湿機能のある化粧水を使っているから」と安心している方も中にはいらっしゃるかもしれません。しかし、それは間違いで、しっかりとした保湿をするのであれば保湿美容液を使うことがおすすめです。まず、化粧水自体に保湿剤を大量に配合することはなく、保湿目的であれば美容液がおすすめです。「化粧水で保湿が間に合う」という方以外では、化粧水の保湿力には頼れないところもある感じです。
コスメでも保湿美容液の正しい使い方として、使い方の順番を考えてみることも大切です。

化粧水~美容液~乳液かクリーム

という順番で、化粧水で肌を整えてから美容液で保湿すると安心かもしれません。化粧水の次に乳液かクリームで水分が蒸発しないようにしておくのもいいですが、その前に保湿剤としての美容液を使うことで肌は本来の保湿機能が保たれてきます。美容液で水分を補給して肌を柔らかくしてから、美容液の保湿分をしっかりと肌に浸透させる。また、反対に化粧水の前に美容液で肌を柔らかくして化粧水でしっかりと水分を補給できるようにする美容液もあります。使う順番はメーカーやブランドでも違ってきますが、美容液を使うだけでその保湿効果も断然違ってきます。
また、乾燥肌の方は保湿剤などを大量に使ってしまう場合もあるかと考えます。しかし、肌の角質層は一度に浸透できる量は限られています。使いすぎることで、肌の分泌のバランスを崩してしまう場合もあって使いすぎには気をつけないといけません。
どうしても乾燥肌で、しっかりと肌の乾燥を防ぎたい場合には、「保湿パック」をおすすめします。美容液をコットンに浸して15分ほど放置します。保湿パックでは普通に付けるよりもしっかりと肌に浸透できるのでおすすめです。
できれば化粧水なども乾燥肌向けの方の化粧水を使うことがおすすめです。「しっとりタイプ」や「乾燥肌向け」と表示してあるのに気がつくかもしれないです。それには乾燥を防ぐためにヒアルロンサンやセラミド、コエンザイム、コラーゲン、大豆レシチンなどさまざまな成分が配合されています。これらは乾燥肌には非常にすばらしく作用してくれます。

肌荒れの赤み

読了までの目安時間:約 3分

 

肌がかゆみや赤みをともなうように荒れている場合は、それは肌が本来の肌よりも薄くなっている場合です。肌には角質層があってそれが薄くなることで、外部からの刺激を受けやすくなってしまうことです。肌が薄くなると真皮に存在する毛細血管が浮き出て見えてくるようになります。肌の免疫力という点でもニキビや肌荒れの原因となってしまうことが多いです。

⑨肌荒れ赤み
顔がすぐに赤くなったりかゆみが出てしまう場合、それは肌が薄くなってしまう「菲薄化(ひはくか)」といった肌質になっています。加齢による真皮曹へのダメージが一番に考えられることで、40歳代中盤までは間違ったスキンケアによるものが多いです。真皮層のコラーゲンやエラスチンの量は年齢とともに減少していきます。コラーゲンが少なくなると肌の弾力が保てなくなってしまいます。弾力のもとが少なくなることで、ほかの肌を構成する細胞も衰えてきます。そのため肌が薄くなってしまうということです。
肌細胞のターンオーバーとしても、若いうちには肌が薄くなることは角質層がダメージを受けるばかりなのですが、中高年になってくることで角質層と真皮層の両方が薄くなってくることが多いということです。
加齢とともに起きやすくなってく菲薄化ですが、これは若い人にもスキンケアなどの間違いで起きやすくなっています。ピーリングのしすぎや洗顔のしすぎ、ゴシゴシ洗いなどの間違ったスキンケアは菲薄化を起こす原因となっています。保湿ケアなどでもそれを怠ることで菲薄化を招いてしまう場合もあります。肌の乾燥にも注意することが必要です。
赤ら顔の原因としては、肌の薄さや炎症などによるものが多いです。うまれつき皮膚が弱い人もいますが、頬の赤みに悩んでいる人は自分で皮膚を削ってしまっている場合が多いです。これは、日頃の洗顔やマッサージやピーリングなどによるものが多いです。肌を強くこすっていなくても、ピーリング剤など肌に刺激の強い成分が入っている場合があります。そのため使っている化粧品で肌が薄くなっている場合も多いのです。「ビニール肌」と呼ばれる肌質は角のケアによるもので、角質層がはがれてその下の顆粒層がむきだしになっている状態です。
薄い肌を改善するには、肌が健康になる必要があります。角質層が健康になることで、表皮の水分量が増えてきます。それによって外的や刺激から体を守るバリア機能がしっかりと働きます。そのため表皮や真皮、神経に伝わる刺激が少なくなって、過敏な反応は起こらなくなります。健康な角質層は赤みの改善にはとても必要なことなのです。

ひどいニキビの治し方

読了までの目安時間:約 4分

 

ニキビ改善にはひとつは、無添加石鹸で洗顔するといったような方法があります。お店でみかけるほとんどの洗顔フォームやクレンジングオイル、化粧水、乳液、ニキビケア用品には合成界面活性剤が使われています。

⑧肌荒れひどい
界面活性剤はニキビにも危険要素が多く、現在使用しているのであれば使用を止めたほうがいいです。ほかにも洗顔フォームや化粧品などにも使われていますので、肌のためには界面活性剤を使用してないものを使用することがおすすめです。
それはなぜかというと、界面活性剤は洗浄力が強すぎるために、肌の組織を壊してしまうことが多いからです。バリアゾーンといった、角質層などの外からの刺激を守るための組織が壊されては肌は荒れてしまうます。
界面活性剤は「浸透性」といったことからもパワーが強すぎるので、界面活性剤の毒素が肌の奥へと浸透していってしまいます。そのため肌は炎症を起こし、強い浸透力で肌の奥底からもダメージを受けてしまうということです。
通常、肌が健康であれば化学成分に対する抵抗力があります。しかし、ニキビ肌であり、弱った肌には抵抗力がありません。自分でよいと思ったニキビ用品でケアしてみても、かえってニキビが悪化するといったことはまれではありません。まったく効果がないといってもいいかもしれません。
肌が弱い人の中には、界面活性剤のはいった洗顔フォームを使ったばかりに、肌が炎症してしまうことも少ないはないです。使用直後からすぐに肌が赤く腫れてしまう場合もあるほどです。
ニキビ改善で有名なプロアクティブなどでも、肌には刺激が強く合わない人もいて使用する場合には注意が必要です。
その点合成海面活剤が入っていない、無添加石鹸では肌に負担なく優しくダメージもなく洗うことができます。無添加石鹸での洗い方では、まずは洗顔する前に顔をお湯数十秒洗うことです。お湯で落としきれなかった汚れを落とすイメージで洗うようにしてください。ポイントはしっかりと石鹸を泡立ててから使用することです。
泡立てかたは泡立てネットを使用してください。肌の上で長時間かけて泡立てることは肌のためにはよくありません。皮脂を余分に洗ってしまうことで、反対に皮脂の分泌量というものはかえって増加してしまいます。洗い方としてはさらっと、軽く洗う感じで洗いすぎも防げます。
また、洗顔のイメージとしても「石鹸でしっかりと洗う」というイメージよりは、「お湯を使って洗い落とす」といったイメージにポイントを置きます。石鹸は「お湯で落ちきれなかった部分を優しく洗う」というようなサポート的に使った方が肌には優しく洗えます。保湿の必要な方は大人ニキビで乾燥肌の方だけです。
化粧品でも界面活性剤の入っているものを使用することで、本来肌の持っている自然治癒力をうばってしまうことが多いです。肌の負担にならない洗顔して肌本来の自然治癒力を引き出しましょう。肌のためには栄養のバランスや睡眠をしっかりと摂ることもとても必要なことです。

肌荒れと化粧品について(化粧水など)

読了までの目安時間:約 3分

 

肌が弱くて「化粧品を使っただけでも肌荒れが起きてしまう」という人は意外と多いかもしれません。化粧品のほとんどが化学物質でできていますので「肌が荒れない方がおかしい」と感じている人さえいるくらいです。
化粧品で肌が荒れる場合には、化粧品を使用してから1~3日くらいで肌に症状が出てくる場合が多いです。しかし、季節の変わり目など一時的に肌が弱っていて肌荒れが起きる場合もあります。

⑥肌荒れ 化粧水
「化粧品で肌が荒れてしまったかな?」と思った場合には、すぐに使っている化粧品を止めてみることが重要です。肌への症状として、ピリピリ感やヒリヒリとした痛み、かゆみ、化粧のりの悪さなどがあったり、腫れてしまう、ニキビができる、極端な乾燥など影響してしまう場合があります。
肌荒れの原因として、化粧品に含まれている合成界面活性剤や防腐剤、保存料、アルコールなどの成分があって、これらによるトラブルを避けるためにもこれらが含まれている化粧品を避けることも大切です。
また、自分は「肌が弱い」と思っている場合、「無添加化粧品」といった表記があるものを選ぶことも大切です。これらは肌荒れが起きにくい表示指定成分が含まれてはいません。
しかし、表示のみで選ぶということもあまりおすすめはしません。基本的には、キャッチコピーだけでなく、成分表示とトライアルを行ってから、異常がないものを使用するということです。
もし、肌荒れが起きてしまっている場合には、すぐに使用を中止することや、メイクの濃さに気をつけたり、洗顔方法についてもぬるま湯を使うなどの工夫が大切です。
肌荒れしてしまうと「とにかくなんとかしなくては」という気持ちになってしまい、あせってしまうことも多いでしょう。しかし、まずは使っている化粧品の使用をとめて肌の様子を観察することも必要なのです。人間にはもともと自然の治癒能力が備わっていることもあって、肌に刺激をあたえないようにしておくことも必要だということです。その反対にレーザーやピーリングなど誤った処置をしてしまうと、それが反対に肌への刺激となってしまいます。少なくとも1週間は様子をみて刺激を加えないようにすることが大切です。洗顔もぬるま湯にすることで、どうしても乾燥することを押さえたいのであれば、以前使っていた肌に馴染んでいるものを使うようにします。もし、赤みがあって炎症反応があるようであれば、高濃度ビタミンCなど含まれているものを使用してみてはいかがでしょうか?高濃度ビタミンCは炎症を押さえる働きがあって効果が高いです。
しかし、1週間くらいたっても「変化がない」「悪化した」などの場合には、皮膚科を受診することがおすすめです

肌荒れの原因にはどのようなものがあるでしょうか?

読了までの目安時間:約 4分

 

肌荒れとは皮膚の表面がカサカサとして潤いがなく、ひどくなると粉を吹いたような状態になってしまう場合があります。これは皮膚の表面でも表面のバリアがこわれてしまうことで、そこに紫外線やウイルス、細菌などの刺激が入ってきてしまうことですね。肌にとってはつらいものとなってしまう感じです。
バリア機能が衰えることで、皮脂やセラミドも流れてしまい、何をつけてももとのしっとりとした状態の肌には戻りにくくなっています。つまり肌が乾燥してしまうことで肌荒れにつながってしまう危険性があります。しかし、乾燥はほとんどの人たちが間違ったケアをしていることがあります。

 

肌荒れ➄
肌荒れや乾燥の原因には加齢も大きな原因となります。齢を重ねていくと皮脂の分泌量や水分が減少してしまうためです。そのため乾燥しやすくなってきます。
予防法としてはスキンケアでも注意すべき点があります。それは化粧水でも自分に合ったものを使うということはとても大切なことです。また、肌につけてしみるような化粧水やクリームなどは使わないようにしましょう。おすすめはスクワランなどの皮膚への刺激がないものや、エモリエント効果すぐれているものです
紫外線へのケアとしても、日焼け止めは極力使わないようにします。日焼け止めなどを使うことで、毎日日焼け止めクリームを落とす場合に時間がかかってしまうことや、セラミドなどが流出するのを防ぐためでもあります。日焼け止めクリームを使うよりもパウダーファンデーションを使うことがおすすめです。
肌荒れの原因にはオイルクレンジングや油性ジェル、ショートタイプのふき取りクレンジングをしている場合が多いです。このようなタイプは強いメイクを落とす場合のもので、落ちがよいからと毎日使っていると乾燥肌になってしまうことが多くなります。
肌荒れを防ぐためには、毎日のケアでもオイルクレンジングや乳液タイプ、水性ジェルタイプのものを使うようにしましょう。クレンジングのあとの洗顔法にしても、

・お湯の温度が高い
・指でこすりすぎ
・洗顔時間が長い

などといった間違った洗顔法があります。

スキンケアの注意点としても

・洗顔するときのお湯の温度・・・30~34度(ぬるま湯)
・Tゾーン(額・鼻・あご)・・・指でこすってもOK
・乾燥しやすい目元・口もと・・・洗顔料をよく泡立てて
・肌荒れがひどい場合・・・洗う時間を短くする

以上のような注意点が多いです。

また、洗顔料の選び方でも弱酸性洗顔料はしっとり成分がたくさん配合されている場合があります。そのため、すすぎ時にヌルヌル感がなかなかとれず、洗顔時間が長くなってしまう場合があります。できれば、泡立ちや泡切れのよい洗顔料も選んでみることも必要です。

乾燥肌を改善して肌荒れもしないようにするには、洗顔方法と洗顔料の選び方を換えてみることもとても必要なことだと思います。

肌荒れは無意識にやっているクセや行動から改善

読了までの目安時間:約 5分

 

肌荒れは無意識にやっているクセや行動から改善していくことも必要です。

肌荒れの原因は食生活やストレス、ホルモンバランスなどの乱れが原因で起きるなど、生活習慣で

も起きる場合がありますが、普段自分が無意識にしている行動も肌荒れの原因となる場合がありま

す。たとえば、入浴時に顔に気持ちよいからとシャワーをあてることなどが原因となって肌荒れを起こ

している場合もあります。しかし、シャワーの水圧やシャワーの温度によっては肌に刺激が強い場

合があります。シャワーの刺激は実は毛穴やしわが刺激されることが多く、肌が垂れさがってしま

うこともあるのです。

 

肌悩み④
しかも、シャワーの温度で「気持ちがよい」と思っている温度では洗顔時の理想的な温度ではなく

30度というけっこう肌にはきつい温度だそうです。また、不衛生な手で洗うことは肌にはよくあり

ません。しっかりと洗顔前に手を洗っていないことで、雑菌のついた手で洗ってしまっている場合

があります。まずは、しっかりと洗顔前の手洗いが必要となってきます。

しかも、洗顔といっても「洗い残し」ではニキビなど肌のトラブルになることが多いです。洗い残

ししやすい場所としては、生え際やフェイスライン、耳回りとしても十分に洗ってください。肌に

汚れがついたままだと、古い角質層がたまってしまって、新しい角質層が生まれ変わることの妨げ

となってしまいます。それで新陳代謝も正常に機能しずらくなってしまうということですね。

また、洗顔時に無意識にやってしまうことが、「タオルでこすりすぎる」ということ。それでは肌

の表面を守っている角質がはがれてしまうのも仕方ありません。タオルの使い方としては、タオル

を肌にあててやさしく水分を吸わせるようにすることが肌のためには必要なことです。

 

肌のケアで無意識にやってしまうことが、化粧品などを使っているときに、化粧水などで「軽くは

だを叩いてしまう」という行動。これは季節にも関係してきますので、寒いこの時期にはあまりお

すすめではないかもしれません。それは毛細血管が切れてしまい肌のトーンとしてもよくないから

です。なじませるように手肌で軽く抑える感じがおすすめです。

また、肌の手入れでよくやってしまうことが、シートマスクを長くつけすぎるということです

シートマスクを長時間放置することで、せっかく肌に入りこんだ水分が再度シートに逆戻りしてし

まう。水分を蒸発させることで、かえって乾燥を招く場合もあるのです。肌の乾燥をまねかないた

めにも説明書などをよく読んで使用するということが必要になってきます。

肌荒れ改善には意外と枕などが清潔に保たれていない場合もあります。就寝中に枕に皮膚の汚れや

頭皮の汚れ、あせなどがしみ込んでいる枕を使っていると、けっこう肌には敏感になっている場合

があります。枕にはきちんと枕カバーをつけて、まめに洗濯することを忘れないようにしましょ

 

う。取り換えがめんどうでもタオルやバスタオルで毎日取り換えることもおすすめです。

肌荒れでも使っているメイクスポンジやブラシなどが不衛生になっている場合があります。皮脂や

メイクの油分などが付着してしまい、そのままにしておくことで雑菌の住処になってしまっていま

す。そのまま使ってしまうことで、肌は大量の雑菌を塗りつけてしまっています。定期的に取り換

えるとかまめに洗うようにすることが大切です。

最近は携帯やタッチパネルを操作することで、手にも汚れがついてしまうことが多いです。ついつ

い、顔に手をやるクセがあるときなどは肌にも影響しないわけがありません。肌のことを考える以

前に雑菌が手につかないように気をつけるようにしましょう。

皮膚科に行ってみてもなかなか肌荒れがないらない

読了までの目安時間:約 3分

 

皮膚科に行ってみてもなかなか肌荒れがないらない人というのもけっこうな割合でいる感じがしますよね。それはひとことでいいますと、皮膚科でもらった薬を使ってそれだけで改善できると信じ込んでいるのではないでしょうか?

肌荒れ➄
肌の荒れは洗顔のしすぎや間違ったケア、それに睡眠不足や偏食、便秘やストレスなど生活習慣が影響しているってこともけっこう考えられるからですね。それで、ただ、皮膚科でもらった薬を塗っているだけのケア。
しかし、それだけでは多分なおらないのではないかと思います。というのは、肌荒れにも原因があってそれを「自分自身で気がつかない場合に肌荒れしてしまう」ということもかなりの確率で多いかもしれないという点です。
最終的にはあっちの皮膚科、こっちの皮膚科と皮膚科のはしご?なんてとんでもありませんよね。思春期におけるニキビの悩みでもいがいなところにもニキビ改善のヒントは多いみたいなんですよ。
ニキビができたら「とりあえず皮膚科」と決め込んでいる人も多いでしょう。しかし、皮膚科に行っても思ったようなアドバイスもいただけず、しょんぼりとして帰る人も多いかもしれません。けっこうニキビの悩みでも周りから見れば「なん~だ、ニキビか」と思われているところは多いです。皮膚科に行っても「お薬出しておきますので」といわれるくらいで、根本的な治療にはなった気がしないかもしれないです。
診てもらう患者の方としては親身になって、ニキビの根本的な治療の説明がほしいというのに「薬をぬっときなさい」ではちょっと納得がいかないかもしれませんよね。
しかし、考えてみれば病気でも「自分で治す」という心がまえが必要なのです。とにかく何が原因で肌荒れやニキビが起きているのか、体質的な問題であれば、体質改善が必要だろうし、食事のことや運動不足からきているのかもしれない・・。また、いつもいる部屋の環境が悪いのかもしれない。これでは薬をつけてもつけても一向に治る気配もないのかもしれないですね。
まあ、年頃になれば自然と治ってくるものも多いし、使っている化粧品に問題があるもの、食べているものに問題があるものなど、それは人によって注意すべき点も違うのではないでしょうか?

肌荒れをしているときの食べ物にはどのようなことに気をつけたら

読了までの目安時間:約 3分

 

肌荒れをしているときの食べ物にはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?肌荒れには野菜や果物などビタミンを多く含むものが有効とされていますね。しかし、それも何でもいいという訳にもいかないみたいです。
とくに肌荒れに効果的なものは繊維が多かったり、ビタミン類を多く含むものがいいとされています。肌荒れ改善のためには、ビタミンAやビタミンB,ビタミンC,ビタミンEなど栄養素として肌に効果的に働くものではないといけません。
肌に効果的なもの?ということではビタミンAはどのような働きをするかというと「皮膚細胞に働きもともとの肌の状態を引き出してくれる」というものです。肌の再生力と抵抗力もアップさせてくれるビタミンBや美白効果のあるビタミンCは、保湿効果もあって抗酸化作用もあります。さらにコラーゲンにも働き、ニキビ改善効果もありまさに万能の肌のためのビタミンなのですね。

肌荒れ悩み②
さて、これらを自然の食べ物から摂取するとなるとどのような食べ物から摂っていけばいいのでしょうか?それはビタミンAであるならレバーやホウレンソウに多いことは知られているし、ビタミンEは鮎やハマチ、アーモンドなどに多く含まれているということです。
さらにビタミンBでは赤みの魚、肉、かぼちゃやトウモロコシ、人参、バナナなどに多く含まれています。すごいパワーをもったビタミンCではピーマンやブロッコリー、キャベツなどを食べると多く摂取できるようですし、果物ではレモンやキウイ、グレープフルーツでも多くのビタミンCを摂取することが可能。実に肌のためにはビタミンの多く含まれる野菜や果物がおすすめあるという訳ですね。
しかし、肌のためには野菜や果物だけを摂るというよりも、肌に効果的な飲み物からも摂取できるので嬉しいですね。
それはどんな肌荒れにも効果があるといわれる「ハトムギ」はハトムギ茶としてよく知られていますよね。カリウムやリン、ミネラル、ビタミンB1やビタミンB2,たんぱく質を含み多くの栄養素を摂取できますね。
なぜ、肌にいいのかといいますと、むくみに効果的なカリウムを含んでいますし、美肌効果のあるたんぱく質からアミノ酸で肌に効果的、ビタミンBは肌が再生できるサポートをしてくれます。ハトムギはニキビの薬にも配合されるくらいですので、肌荒れにはとても有効な食品だといえるのです。乾燥肌を防ぎ肌の水分量まで高めてくれます。

肌の手入れ方法や肌荒れを予防する

読了までの目安時間:約 3分

 

顔の肌荒れにも何種類かのパターンがあって、肌の手入れ方法や肌荒れを予防するにはどうしていいかわからない人たちも多いです。その種類でも

①肌のカサカサ
②赤い
③かゆみ
④吹き出物やニキビ
➄くすみ
⑥毛穴が開く

以上のような肌荒れで悩んでいます。

 

yjimageDSW5ZZVL

これらの原因は、肌に合わないスキンケアや生活習慣、ストレス、栄養不足、睡眠不足など原因はさまざまです。肌荒れを改善するには、肌荒れの種類に適した手入れ方法を知ることです。
肌荒れとは一般的には肌が不健康なことで起きています。

まず、
①肌がカサカサしている場合肌の乾燥が原因で紫外線や外からの刺激を受けて肌のバリア機能が低下しています。肌の水分が失われているのです。

②肌が赤くなる場合~肌の皮膚が薄くなっていて、毛細血管が浮き出てみえています。免疫力低下で吹き出物やニキビなどの炎症がおきても赤くみえます。肌が薄くなっている場合には、自己再生(ターンオーバー)を促します。

③かゆみが出る場合~湿疹やかぶれでかゆみが出る場合があります。使用している化粧品やクレンジング剤などが原因です。

④吹き出物やニキビストレス・体調不良・月経前症候群などによるホルモンバランスの乱れが原因で古くなった角質などが毛穴に詰まることでアクネ菌が増えたためです。

➄くすみ~血行不良により乾燥や毛穴の汚れにより明るさやツヤ、透明感がない状態で肌がくすんでみえます。

⑥毛穴の開き~余分な皮脂が毛穴を押し広げていき、毛穴に詰まった皮脂と汚れが酸化を起こしている状態です。黒ずみのある毛穴になります。

肌荒れを改善するための方法には

1スキンケア
2食事のバランスをよくする
3ストレスや生活習慣

基本的には以上のことを見直すようにします。スキンケアではまず、「自分の肌に合っている化粧品を使っているか?」ということがあります。スキンケアには2つのポイントがあって、

 

A肌から落とすためのスキンケア
B肌に加えるためのスキンケア

 

以上のようにありますが、落とすためのスキンケアはクレンジングなど少しでも肌への刺激を減らすことが必要です。また、肌に加えるスキンケアとしては乳液など肌への保湿を考えて自分の肌に合うことが条件です。